読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

養分

日々の生活で起こったこと、初めて知ったこと、アニメ、映画、本

新海誠作品「君の名は。」について

2016年の邦画と言えば、「君の名は。」が第一に挙げられるのはわかるし、興行収入や認知度を考えれば当然だと思うんだけど、最初見た時そこまでかと思った。

 

君の名は。」がいいのはわかる。

新海作品は、只々作画が綺麗で、色使いも繊細で、映像としてトップクラスのものである。絵コンテの段階で自ら声を入れて、実際でき上がった状態をイメージするらしく、作品作りにも強いこだわりがある。新海監督が好きで観に行くという層はかなりあったと思う。

音楽もさすがRADWIMPSというクオリティだった。神木隆之介が主人公の声を担当していた。CMも大量に打っていた。

考えれば考えるほど売れる要素しかないのである。

 

ただ、いい映画だなと思ったけど、映画から伝わってくるものが無かったように思う。何となくだけど「ヒットすればいい」という考えのもとに作られたような気がしてしまった。すべてが綺麗すぎて、整っていて観ていて引っかかるところがなかった。

要するに何か物足りなかったのだ。

(所要時間30分くらい)